2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

「ショパン─200年の肖像」展 兵庫県立美術館 (3)

パリでのショパン
 パリでショパンは芸術家や他分野の著名人と出会い、名士として認められ、ヨーロッパ中から集まる多くの弟子にピアノを教えることで、相当の収入を得ることができた。彼はベルリオーズ、リスト、ベッリーニ、ヒラー、メンデルスゾーン、ハイネ、ドラクロワ、チャルトリスキ公、ヴィニー、アルカンらと交友関係を築いた。ショパンは熱烈なポーランド愛国主義者ではあったが、フランスではフランス式の名前を名乗った。ショパンに対してフランスの旅券が1835年8月1日発行され、これを境にショパンはフランスの市民となった。Photo_20200215072201
 フランスに移ってからのショパンは、公開演奏会ではなく、貴族やエリートたちが集うサロンでの演奏をおもに行った。すでに結核を患って健康状態が芳しくなかったこともあり、教えることと作曲で十分な収入を得ることができたので、めったに公の舞台に出ることはなかった。伝記研究者によれば、このように内向的な音楽活動にも関わらず高い名声を得たのは、ショパン以外には世界的にも歴史的にもほとんど例がないという。
 25歳の時、5年前から顔見知りだったヴォジンスキ伯爵の娘マリアに再会した。マリアはその時16歳になっていて、その知的で芸術の才にも優れた魅力的な様子に、彼は恋に落ちた。翌年の9月にショパンは彼女にプロポーズし、彼女は求婚を受け入れ、その母のヴォジンスカ夫人も一応認めたものの、結局ヴォジンスキ家がショパンの健康状態への懸念から破棄した。傷心のなかショパンは、マリアに対する想いから「別れのワルツ」として知られる『ワルツ 変イ長調』を作曲した。パリに戻ったショパンはすぐに作品25の『練習曲集』の第2曲ヘ短調を作曲し、これを「マリアの魂の肖像」とした。さらに、彼はマリアに7つの歌曲をつくって贈った。それらはポーランドロマン派の詩人たち、ステファン・ヴィトフィツキ、ヨゼフ・ザレスキ、アダム・ミツキェヴィチの詩に曲をつけたものであった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

「ショパン─200年の肖像」展 兵庫県立美術館 (2)

ワルシャワからパリへ
 ショパンは、20歳に満たずしてすでに演奏家・作曲家としてワルシャワで名声を博していた。そして1830年11月2日、彼はオーストリアに向けてワルシャワをあとにした。彼はそれ以後、ワルシャワに、ポーランドに帰ることはついになかった。1831
 彼がワルシャワを発った直後の11月29日に、ワルシャワで11月蜂起が発生した。それまでにポーランドは、ロシア、プロイセン、ハプスブルク帝国によって分割され、独立国としての実態を失っていた。ロシア皇帝がポーランド王を兼ね、ポーランド国家は独自のセイム(国家議会)と政府をもち、裁判所、軍隊、国家財政の面で独立していたとはいうものの、立憲王国に与えられていた自由は徐々に削減され、憲法は次第にロシア当局から無視されるようになった。ロシアのアレクサンドル1世は正式にポーランド王として戴冠することはなかったものの、その代わりに皇帝は憲法に違反して弟のコンスタンチン・パヴロヴィチ大公を総督に任命した。このようなロシアの振る舞いに対して、若い士官学校の生徒たちが反発して陰謀を計画し、1830年11月29日夜に武装してコンスタンチン大公の居所であるベルヴェデル宮殿を襲ったのが蜂起のはじまりであった。この蜂起は、結局はロシア・ポーランド戦争に拡大し、約1年後にロシアの圧倒的な軍事力の前にポーランドが屈する結果となった。フレデリク・ショパンは、この祖国の事態を、外国ウィーンから心配しつつ見守っていた。
 この蜂起の結果、ショパンの居所ウィーンでは反ポーランドの風潮が高まり、また十分な演奏の機会も得られなかったため、ショパンはパリ行きを決断した。当時、パリをはじめフランス各地に、多くのポーランド人が祖国を逃れて移住した。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

「ショパン─200年の肖像」展 兵庫県立美術館 (1)

 兵庫県立美術館で、日本-ポーランド国交樹立100周年記念として開催された「ショパン ─200年の肖像」展を、家人とともに鑑賞した。展示会場はいつもと少し違う場所であった。絵画など美術そのものでないものをも含むものの、総展示品数は200を超えて、鑑賞にはずいぶん時間を要した。


誕生から少年期
 フレデリク・ショパンは、1810年ポーランド国ワルシャワから50キロメートルほど西にあったジェラゾヴァ・ヴォラという町に、ポーランド人の母と、フランス北東部のロレーヌから16歳でポーランドに移住してきたフランス人の父との二人目の子として生まれた。父ニコラ・ショパンは、ポーランドに移るとポーランド風に「ミコワイ」と名乗った。彼は貴族の屋敷に住み込んで高度な教育を受け、やがてポーランド貴族の家庭教師や、学校の教師として生計を建てた。完璧なフランス語を話すフランス人であったが、ポーランド移住の後はポーランドにすっかり入り込み、1794年のコシチュシュコの蜂起では、ワルシャワの市民兵として戦いに加わった。彼は、自分のことをポーランド人として疑うことがなかったという。これは子のフレデリク・ショパンにも、大きな影響を与えたはずである。Photo_20200211060401
 父ミコワイは、貴族のスカルベク家で家庭教師をしていたとき、スカルベク家の遠い親戚である一家が逼塞してこの屋敷に身を寄せていたユスティナ・クシジャノフスカと出会い、1806年結婚した。1810年フレデリクが生まれて7か月のとき、父がワルシャワ学院のフランス語教師に転任したことで、一家はワルシャワに移転した。
 母ユスティナはピアノに秀で、父ミコワイはフルートとヴァイオリンが堪能であった。そんな音楽的環境のなかで、フレデリクは6歳ころから天賦の音楽的才能を認められ、7歳から公開演奏をはじめ、瞬く間に神童モーツァルトやベートーヴェンと比較されるほどになっていった。7歳のショパンは、すでにト短調と変ロ長調の2つの『ポロネーズ』を作曲した。11歳のとき、議会(セイム)の開会のためにワルシャワに来ていたロシア皇帝アレクサンドル1世の御前で演奏を披露した。12歳の時、シレジア出身の作曲家ユゼフ・エルスネルに出会い、16歳からワルシャワ音楽院で本格的な師弟関係が始まり、ショパンはエルスネルのもとで音楽理論・通奏低音・作曲を勉強した。エルスネルはショパンの通知表に「顕著な才能」そして「音楽の天才」と記し、またショパンの才能が開花するのに対して手を施すことはなく、ただ見守るだけだった。エルスネルはショパンを指導するにあたって「偏狭で、権威的、時代遅れな」規則で「押さえつける」ことを嫌い、若い才能を「彼自身の決めたやり方の通りに」成長させていくことにしたという。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

喜劇「なにわ夫婦八景」大阪松竹座

 大阪落語界の重鎮であった桂米朝の五年祭に因んで、桂米朝夫妻の伝記のような喜劇が大阪松竹座で上演された。
 米朝を筧利夫、妻絹子を真琴つばさがそれぞれ演じる。狂言まわし的な役回りの彼らの長男小米朝を元関ジャニ∞の内博貴、米朝の師匠であった四代目桂米團治を桂ざこば、絹子の母を三林京子、が演じている。Photo_20200209061901
 中国関東州大連に生まれ、幼少期に姫路に帰って育った米朝は、青年期に作家であり寄席文化の愛好家・研究家であった正岡容(いるる)と出会い、落語に深く魅せられるようになった。正岡から、衰退した大阪落語を再興せよ、と励まされ、大学を中退して、正岡と親しかった四代目桂米團治に師事して、米朝は落語を修行した。師匠の米團治は「落語家は米も何も作るわけでない、世間の御余りで生きている。芸人になった以上、食い詰めることは覚悟の前でなければならない。」と教えられた。
 米朝よりわずか1年の年少であった桑田絹子は、大店の跡取り娘であったが、芸能界に憧れてOSKに入団、戦前は舞台の脇にその他大勢のダンサーとして出演していたが、戦後は独自の歌劇団を率いて、活発に活動していた。
 この二人は、マツダ・ランプ主催の宴会で知り合い、意気投合して33歳ころ結婚に至る。当時としては、晩婚のほうだろう。以後絹子は、まだ無名であった米朝の最大の支援者となる。従来の落語家らしくなく、文学を深く学んで独自の芸風を培った米朝は、やがてそれまでの中高年層のみならず、若年層にまで人気を博する落語家として成長した。弟子も増え、その強烈な個性に振り回される米朝一家であったが、ひとりも破門を出さず、枝雀、ざこば、月亭可朝、桂吉朝など、多彩で有能な落語家を多数輩出した。そして平成7年(1995)落語会で二人目の「人間国宝」を綬章した。
 なんといっても妻絹子を演じる真琴つばさの演技がひかる。宝塚のトップスターだけあって、声量豊かで明瞭なセリフは心地よく、立ち居振る舞いも安心感がある。三林京子の堂々たる演技も良い。筧の米朝は熱演だが、少し関西弁に違和感を残す。演技でもストーリーでも、ざこばの米朝に対する深い尊敬が現れている。
 桂米朝は、私たちも何度か正月の大阪サンケイホールに「米朝独演会」を聴きに行ったことを思い出す。端正で知的な雰囲気の米朝は、たしかに落語家としては一風変わった印象の人であった。こうして米朝さんの伝記を垣間見ることができたのは、私にとってもしっかり感銘があった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

北米東海岸クルーズ (38)

クルーズ船内の楽しみ-2 IFly
 この船には、もうひとつユニークなエンターテインメント施設がある。IFlyと名付けられた空中遊泳である。縦に設置した大型の円筒風洞の中に入り、下から強烈な風を送り込んで、なかのヒトを空中に浮遊させるというものである。スカイダイビングを、一定の場所でシミュレーションするような装置といえる。Ifly
 これに参加するには、耳栓で風圧から鼓膜を護り、ゴーグルで眼を護り、宇宙服のようなツナギの専用服に身を包む。そして指導員から基本的な技術と注意事項を教えられる。大まかには、両手・両足を自然に広げて、大の字になり、身体の力を抜いて下からの風圧を受ける。そうすれば、身体は全体としては水平に弓ぞりになり、安定に浮遊することができる。
いよいよ順番にひとりひとり遊泳を試みる段取りになる。
 私たちのメンバーには、以前のクルーズで経験して今回は2回目の人もいたが、私と家内とはまったくの初めてであり、つい緊張したが、指導員が私の身体を適宜支えてくれるので、短時間の間なら空中に浮かぶことができた。指導員から、もっと力を抜いてリラックスしろ、と指示を受けた。たしかにリラックスできている短い間のみは、比較的安定していられた。いずれにしても、正味はほんの10秒間も遊泳状態にならなかったが、興味深い経験となった。
Ifly_20200207064301  この船には、もうひとつユニークなエンターテインメント施設がある。IFlyと名付けられた空中遊泳である。縦に設置した大型の円筒風洞の中に入り、下から強烈な風を送り込んで、なかのヒトを空中に浮遊させるというものである。スカイダイビングを、一定の場所でシミュレーションするような装置といえる。
 これに参加するには、耳栓で風圧から鼓膜を護り、ゴーグルで眼を護り、宇宙服のようなツナギの専用服に身を包む。そして指導員から基本的な技術と注意事項を教えられる。大まかには、両手・両足を自然に広げて、大の字になり、身体の力を抜いて下からの風圧を受ける。そうすれば、身体は全体としては水平に弓ぞりになり、安定に浮遊することができる。
 いよいよ順番にひとりひとり遊泳を試みる段取りになる。
 私たちのメンバーには、以前のクルーズで経験して今回は2回目の人もいたが、私と家内とはまったくの初めてであり、つい緊張したが、指導員が私の身体を適宜支えてくれるので、短時間の間なら空中に浮かぶことができた。指導員から、もっと力を抜いてリラックスしろ、と指示を受けた。たしかにリラックスできている短い間のみは、比較的安定していられた。いずれにしても、正味はほんの10秒間も遊泳状態にならなかったが、興味深い経験となった。


北米東海岸クルーズを終えて
 今回のクルーズ客には、私たち6人以外には日本人がいなかったように思う。それだけに、ある意味のびのびと旅することができた。
訪問先は、港がある比較的小さな町が多いが、これが私にはうれしいのである。今回訪問した、ポートランド、ハリファックス、セント・ジョンなどは、自分で企画したら訪問先に取り入れようと思いつくことすらもなかっただろう。観光地ズレしていない小さな町は、そこで生活する人々の日常の生活の雰囲気を感じることができ、現地のひとびとと雑談できると、ひとびとの素の部分にほんの少しでも触れた様に思えるときがある。
 ボストンは、かつて仕事で何度か訪れたが、訪問先の建物の中と、仕事で関係ある人々との夕食の会話など、ごく一部の範囲しか触れることがなかった。ゆっくり街を歩いてみて、アメリカの歴史を、サミュエル・モリソンの本で読んだことが、ところどころで思い起こされて楽しかった。
 こうして紀行をささやかにでもまとめてみると、あんなに短時間の訪問に過ぎなかったのに、印象は充分大きく心に残っていることがある。百聞は一見に如かず、とはこういうことなのだろうと、勝手に納得した [完]。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

北米東海岸クルーズ (37)

クルーズ船内の楽しみ-1
 クルーズ船内の日常は、いつものクルーズのように至れり尽くせりともいうべきものだが、今回はとくにAnthem of the Seasというクァンタム級と呼ばれる17万トンの大型船であったので、この船ならではのノーススターNorth Starと風力浮遊IFlyを記しておく。

ノーススター
 この船の船首近くの甲板上には、ノーススターNorth Starという可動式の展望施設がある。10人程度の観客を乗せたカプセルが、船体の上から2~30メートルさらに上に持ち上げ、海面から90メートルほどの高さから船上とその周囲を見下ろすことができる。Photo_20200205212301
 私たちは、今回のクルーズ旅行中、このノーススターに2回乗ることができた。
 1回目は、船がニューアーク港を出発した翌日、どこにも寄港せずに航海のみの日であった。ノーススターは、機能的には船の中心線から大きくそれたところまでカプセルを移動して、クルーズ船の船体を横から眺めることもできるそうだが、この日はあいにく風が強いなどの問題で、左右には±20度ていどの移動にとどまった。
 2回目は、バーハーバーに着岸し、バーハーバーの市街を散策して帰船した夕刻であった。
 この日も、諸般の事情でノーススターの視界は、ほぼ船の真上からに限られ、また残念ながら雲が多くて、バーハーバーの美しい日没をノーススターから眺める、という目論見は果たせなかった。

Photo_20200205212201

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

北米東海岸クルーズ (36)

ニューヨークちょっとだけ-5  グランドセントラル駅

Photo_20200203060901

 ブロードウェイを少し南下し42丁目通りを東に歩いて、グランドセントラル駅に来た。大きな地下コンコースがある重厚で美しい駅だ。それにしても大きな建物である。Photo_20200203060801
 高名なオイスター・バーもあったが、年齢のせいなのかクルーズ船の毎晩のディナーの連続で、いささか食べ疲れを感じていて、今回はパスした。
 グランドセントラル駅の1階フロアの一角に、グランドセントラル・マーケットという日常生活用の市場がある。休日の夕方だが、かなりの来客で混雑していた。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

北米東海岸クルーズ (35)

ニューヨークちょっとだけ-4 タイムズスクエア
Photo_20200201062801  ニューヨークのこの季節は、もっと涼しいのではないのか、とホテルの従業員に聞いてみたが、それは年による、との回答であった。日本の札幌とあまり違わない緯度だし、めったに訪れない私でさえ冬の寒さは経験したことがあるし、少しは涼しいことを期待していたが、この日は25℃を超えていたようだ。汗もかいたし、喉も乾いた。そういえばニューヨークの街は、日本よりトイレに困る。それやこれやでタイムズスクエアに向かう途中に、コーヒーショップに入り、喉の渇きをとめた。カウンターで料金を支払うと紙コップをくれて、自分でコーヒー焙煎器を操作して入れる。日本のコンビニと同様なシステムだ。渇いていたので、コーヒーは美味かった。
Photo_20200201062802  5番街の大通りから7番アベニューにシフトして、ゆっくり南下する。景観は、高級商店街からミュージカル、映画などの施設がひしめく歓楽街に、雰囲気ががらりと変わっていく。
 かつて製造業で働いていたころ、何度かこのあたり、あるいは少しはずれて、ブロードウェイ・ミュージカルあるいはオフ・ブロードウェイ・ミュージカルを楽しんだこともあったが、いずれも関係先や駐在員の人たちに車で連れて行ってもらうばかりだったので、こうしてミュージカルを実際に観るでもなくタイムズスクエアを散策するのは、はじめての経験である。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

北米東海岸クルーズ (34)

ニューヨークちょっとだけ-3 セントラルパーク

Photo_20200131061901

 トランプ・タワーからセントラルパークの南端までの間にも、それぞれに世界的ブランドの店舗が軒を連ねている。
Jeanmarie-appriou  セントラルパークにさしかかると、公園の一角の野外に、期間限定で造形アートの展示がある。Jean-Marie Appriouという芸術家の作品らしい。灰色のボール紙細工のように見える大きな造形で、具象的なのか抽象的なのか、そんな区別を超越するような、いささかユニークなアートである。紙のように見えて、実は金属だったりするのかも知れない。彼は、フランスの若手アーティストの一人だそうだ。このような、誰でもが触れることができる場所に展示する、ということ自体がかなりアナーキーな表現活動だ。
 土曜日ということで、公園に集まる人の数はかなり多い。カップル、家族連れ、観光客らしい人たち、ひとりでぶらつく人、など。ベンチに座っているだけで、興味深いマン・ウオッチングができる。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

北米東海岸クルーズ (33)

ニューヨークちょっとだけ-2 トランプ・タワー
Photo_20200129063001  5番街の大通りを北に歩く。ニューヨークのもっとも中心の商店街というだけあって、有名店がひしめいている。今回は、ときの話題もあってトランプ・タワーを覗いてみることにした。
 入り口には、銃を構えた警官が2人両側に立っている。歩き始めて街に警官が多いことに気づいていたので、ちょうど良い機会と、なぜここで警戒しているのかと聴いてみ た。すると、国連総会が明日から始まるのだという。会 期中の 2 週間は、この厳重な警戒が続くのだろう。
 館内に入ってみると、入ってすぐのところで手荷物検査があった。
 館内の1~2階には、「トランプ」のタイトルを冠にした雑貨店、カフェ、グリル、バー、そしてスターバックス珈琲店がある。その上の階は、オフィスなり住宅なりになっているようだ。
 大統領のトランプ氏を嫌いな人も多いらしく、5番通りの道路の反対側だけれども「アンチ・トランプ・バッジ」を売っている男もいた。
 話題の多い人だから、私たちみたいな物見遊山の来場者も多いことだろう。なにより「トランプ」という名前自体が、平凡でなくインパクトがあって、それはそれでおもしろい。Photo_20200129063101

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

«北米東海岸クルーズ (32)