2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

« その他の作品群とまとめ ボストン美術館所蔵北斎展(6) | トップページ | 伏見稲荷参道 京都伏見稲荷 (1) »

ワールドカップ予選リーグ日本敗退への感想

  ワールドカップ予選C組で、日本の予選敗退が決まった。私の独断と偏見による私見を記す。私はサッカーに関して全くの素人であり、何の知識もない。だから私の感想は、門外漢の勝手な意見に過ぎない。
  予選の3試合をすべて観戦した。第一戦のコートジボアールに対しては、前半は硬さが残りつつもまだエネルギーを感じたが、後半コートジボアールのエースとされるドログバが登場するや、そのカリスマ性に気押されたかのようにまったく主導権を奪われてしまい、あっという間に逆転されてしまった。第二戦のギリシアに対しては、ラッキーにも前半の早い時間帯に相手選手の反則・退場によって、11対10の人数的なアドバンテージを得てしまった。このことが相手に防衛中心としたカウンター狙いの戦術をとらせ、日本側の不自然な慎重さと終盤の焦りをもたらし、結局双方に得点なしの引き分けという日本側にとって欲求不満の結果となった。第三戦のコロンビアに対しては、日本チームとしては今大会でもっともよく動き、果敢に攻めたものの、実力で劣ることが明白となり、結局大差で破れた。
  観戦していて、サッカーという世界的なスポーツに関する限り、日本はまだまだ弱小であることをまざまざと見せつけられた。
  ここ数年は、日本のサッカー選手もかなりの人数がヨーロッパ・リーグのチームに参加し、しかも中心選手・主力選手としての待遇で招聘される選手もいたりして、日本のレベルが随分上がっていたのかと勝手に思い込んでいた。しかし、今回の予選リーグの3戦をみて、世界にはまだまだ上には上がいる、日本の代表選手レベルよりも上回る選手は数多実在する、という厳しい現実を目の当たりにした。
  香川は、ドリブルやパス廻しは上手だが、ゴールは上手とは言えない。本田は、ツボに入るとゴールできるが、自ら走り込んでドリブルで相手をかわして突き進むほどのスピードも技能もない。日本選手のなかで相対的に国際レベルに見えたのは、ワントップの岡崎と、サイドの長友であった。岡崎は、よく走り込んでむずかしいシュートを決めた。長友は、終始よく走り、スピードで相手チームの選手にほとんど引けをとらなかった。それでも、傑出した存在とまでは見えなかった。
  比較の対象ではないだろうが、たとえば女子サッカーでは、相手がいやがるような場所に頻繁に出現し、いざというとき決定力を見せる澤、世界的にみてもトップレベルの精確なキックを放つ宮間、タフに走り回りゴールもできる川澄など、まさに世界のトップレベルらしい人材がいる。
  日本の男子サーカーは、世界のトップレベルから見たらまだまだということなのだろう。今回の相手チームだけでも、本田や香川に勝るとも劣らない選手が数多いたように見えた。観戦して応援する立場としては、当分気長に日本チームの成長を見守るしかないのだろう。
  気楽に観戦するだけの私としては、そんなふうに日本選手に対して不満をいうものの、日本選手たちは彼らなりにベストを尽くしてよくがんばったとは思う。決して卑下することはない。堂々と帰国してほしい。われわれ凡庸で無責任な観衆は、サッカーに関しても無責任なメディアの煽りに乗せられてしまったのかも知れない。
  日本チームの選手たちには、心から「ご苦労さま」、「ありがとう」と言いたい。今回の結果は厳しい現実だったが、後輩の指導も含めて、これからも気を取り直して頑張っていただきたいと思う。
人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« その他の作品群とまとめ ボストン美術館所蔵北斎展(6) | トップページ | 伏見稲荷参道 京都伏見稲荷 (1) »

徒然雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ予選リーグ日本敗退への感想:

« その他の作品群とまとめ ボストン美術館所蔵北斎展(6) | トップページ | 伏見稲荷参道 京都伏見稲荷 (1) »