2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

« 琴桜記念館 三朝温泉と倉吉散策の旅(6) | トップページ | 井上達夫『リベラルのことは嫌いでも・・』 »

蝉の声

 熱帯夜の朝、目覚めると蝉の声が賑やかである。ただ、蝉の声がうるさいから目覚めたというわけではない。
  昼間、私は部屋で仕事するとき、いつもごく小さな音量でクラシック音楽をBGMとして聞き流している。ところが、蝉が賑やかに合唱を始めると、そんなBGMの音などほとんどかき消されてしまう。そういうときはBGMを止めて、蝉の声をBGM代わりにして過ごす。BGMとしては音量が過大だが、決して喧しくなく快適なのである。もっとも洗濯機からの洗浄完了のメロディー音も、訪問者が押す門のピンポン音も、蝉の声にかき消されてしまうことがしばしばである。
  私の部屋から窓越しに見る木々のどこかに、大量の蝉がいるらしい。たまに蝉が部屋の窓ガラスに衝突してくることもある。私にとって、蝉の声は大切な夏の風物詩でもある。
  海岸縁に宿をとったときの潮騒の音、川べりの宿で聞く清流の音、そしてこの蝉の声など、自然の音はときとしてかなり音量は大きいこともあるが、不思議にうるさくはない。むしろとても心地よい。人類が太古から聞き馴染んだ音だからなのだろうか。
  この蝉の声が小さくなって、やがて消えていくとき、また季節がひとつ進む。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 琴桜記念館 三朝温泉と倉吉散策の旅(6) | トップページ | 井上達夫『リベラルのことは嫌いでも・・』 »

徒然雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝉の声:

« 琴桜記念館 三朝温泉と倉吉散策の旅(6) | トップページ | 井上達夫『リベラルのことは嫌いでも・・』 »