2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 足立美術館 島根県安来市(6) | トップページ | 映画『博士と彼女のセオリー』 »

足立美術館 島根県安来市(7)

日本庭園(下)
Photo  回廊をさらに進むと、再び広大な枯山水庭を、こんどは遠くの山並みを借景として眺めることになる。さいわい今日は快晴で、庭の緑はいっそう美しい。もうすぐ紅葉の時期となるが、そのときは背景の山肌がきれいに紅葉し、庭園内の常緑樹の緑、そして枯山水の白との見事なコントラストができる。また真冬には、一面の雪景色となり、ちがった白銀の美が鑑賞できるという。
 さらに回廊を進むと、こんどは「池庭」と名付けられた池の周囲を取り囲む中庭風の庭園に至る。この場所は、この足立美術館が開館した当時は玄関があったところで、玄関を入って最初に見る庭園がここであった。いまでは入館後奥に入り込んでもっとも奥の庭となっている。池には多数の鯉が遊泳して、私たちがイメージしているオーソドックスな庭園といえるだろう。Photo_2
 そして最後に行き着くのが「白砂青松庭」と名付けられた庭園である。この美術館の代表的コレクションである横山大観の作品のひとつ「白砂青松」をモチーフに、オーナーである足立全康が自ら心血を注いで設計した庭であるという。なだらかな白砂の丘陵に大小の松をアクセントをつけて並べ、その端には池を配置し、その池の奥には人工的な滝を造り、そこから渓流が流れ落ちて池を潤すように設えられている。多数の石は、鳥取県産の佐治石を用いている。赤松と黒松の絶妙な配置も見事である。
 庭園も絵画のコレクションも、足立全康氏の鑑識眼の鋭さ、的確さを十分に示している。たった一代でここまでの芸術遺産を成したことには、心底敬服する。
  大阪府の自宅からパッケージ・ツアーのバスに乗って、日帰り旅行という強行軍で足立美術館を訪ねたが、まずまず満足のできる鑑賞であった。またもう一度、ゆっくり一日がかりでこの美術館を訪問したいと思う。[完]
2

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 足立美術館 島根県安来市(6) | トップページ | 映画『博士と彼女のセオリー』 »

美術」カテゴリの記事

コメント

足立美術館を拝観しました。日本の心を蘇させてくれ、よかったです。日本庭園は、日本一だとか、別次元の空間です。土産売り場では、日立金属安来工場さんのステータスブランドの安来鋼包丁を購入しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444830/69096356

この記事へのトラックバック一覧です: 足立美術館 島根県安来市(7):

« 足立美術館 島根県安来市(6) | トップページ | 映画『博士と彼女のセオリー』 »