2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 建前と本音の乖離と危機 | トップページ | 伊丹市芸術家協会展 伊丹市立美術館 »

映画『フェンス』

 2016年アメリカで公開された映画で、デンゼル・ワシントンが監督・主演した作品である。原作は、舞台劇の『Fences』をもとに制作されたもので、原作は1983年オーガスト・ウィルソンの戯曲だという。
  舞台のはじまりは1950年代のピッツバーグ。主人公トロイは若いころは非行も多く逮捕歴もあったが、愛妻ローズに出会って改心し、今は実直にごみ収集作業員として働いている。一緒にごみ収集をするボノは、長年の白人の親友である。
  今は改心して、毎週の週給を妻に手渡すことだけを目標にして生きるトロイは、堅実な生活・生き方をかたくなに尊重し、ミュージシャンを夢見て正業につかず、久しぶりに帰って来て金を貸してくれとねだる息子ガブリエルにも、またスポーツの才能を認められ、大学のフットボールチームからスカウトされているもう一人の息子コリーにも一切耳を貸さず、ただ「音楽や学校などいらない、早く働け、日銭を稼げ」の一点張りである。
  トロイは、不良生活をやめたあと、野球をやって非凡な才能を発揮したが、すでに年齢的にプロ野球選手にはなれなかった。それをトロイは、黒人差別のせいだと考えていた。黒人の息子たちに、甘い将来は絶対にないとかたくなに信じ込んでいた。
  トロイは、どういうわけか家の周囲にフェンスを作ろうとし、フットボールを練習したいコリーにその手伝いを厳しく命じた。
  運転免許もなく文字すら読めないトロイだが、精勤が認められ、昇進してごみ収集車の運転手に配置転換となった。ピッツバーグで最初の黒人運転手であった。しかし親友のボノは、トロイが地元のバーで働くアルベルタと浮気していることを知る。ボノは、トロイの家庭の維持のため、トロイに浮気をやめるようにアドバイスするが、トロイは聴かない。やがてアルベルタの妊娠と出産、さらに出産時にアルベルタが死ぬという事件が起こる。怒り狂った妻ローズは、それでも生れた子に罪はない、と赤子を育てる覚悟を決める。
  10年ほどたったある日、トロイの葬儀が行われた。葬儀に立ち会うため訪問した息子コリーは海兵隊員になっていた。もうひとりのミュージシャンを目指していた息子ガブリエルは服役中だったが葬儀のための臨時出所で帰っていた。彼らは、かわいい少女に成長した、ローズが育てた義妹に出会う。
  ストーリーにはそこはかとない不条理が漂い、画面構成には演劇の影響が明らかに感じられる。人種差別問題がひとつの大きな軸だが、単純に人種差別反対を訴えるものではない。私たちの世代が若いころに流行した、カフカやカミュの世界に印象が似ているようにも思う。フェンスは、そこに生きる人たちの心の壁、差別の壁、個人の内面の相剋する多面性の相互間の壁、などさまざまな不条理の象徴なのだろうか。
 トロイを演じるデンゼル・ワシントン、ローズを演じるヴィオラ・デイヴィスをはじめ、キャストはいずれも表情豊かで説得力があり、迫力がある。出演者はわずか数人だが、ストーリーのひろがりは大きい。たしかに優れた表現芸術だろう。2時間ほどの上映時間があっと言う間に過ぎた。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 建前と本音の乖離と危機 | トップページ | 伊丹市芸術家協会展 伊丹市立美術館 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『フェンス』:

« 建前と本音の乖離と危機 | トップページ | 伊丹市芸術家協会展 伊丹市立美術館 »