2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« サムエル・モリソン『アメリカの歴史』第2巻 | トップページ | サムエル・モリソン『アメリカの歴史』第3巻 »

ブリテン島周遊クルーズ (37)

ダブリンのパブ
Dunnes 3つの観光スポットをめぐってきて、夕方になり、城も教会も博物館も閉まる時刻になったので、ひと休みにビールでも、ということになった。朝タクシーの運転手から、テンプルバー地区は値段が高いが、少し外れたグラフトン・ストリート近辺が値段も手ごろで内容も良くお薦めだよ、と聞いていたので、グラフトン・ストリート方向に歩き、そのすぐ脇のキング・ストリートのDunnesというパブに入った。道路にはみ出してテラス席があり、その店舗の雰囲気が良さそうだったからである。
 さっそくGuinnessビールで、1日の観光無事終了を乾杯した。おつまみにとったタラの揚げ物も、なかなか美味であった。絶好の晴天と、この地方では例外的という暖かい天候のなか、かなり長時間しっかり歩き回ったので、すっかり喉が渇いていた。このビールは喉と腹に滲み入った。Dunnes_2
 店内の雰囲気はとても良く、地元の人らしい客も、カップルで、小グルーブで、あるいはひとりで、それぞれ静かに夕方のひとときを憩っているようであった。店員も穏やかで優しく、ダブリンの印象が、朝のタクシー運転手に加えてまたひとつ良くなった。
 店でタクシーの捕まえ方を聴くと、さいわい店のすぐ近くにタクシー・スタンドがある、と。ほろ酔いの良い気分のまま、タクシーで港まで帰った。このときのタクシー運転手も、とても感じの良い人であった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« サムエル・モリソン『アメリカの歴史』第2巻 | トップページ | サムエル・モリソン『アメリカの歴史』第3巻 »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444830/74326859

この記事へのトラックバック一覧です: ブリテン島周遊クルーズ (37):

« サムエル・モリソン『アメリカの歴史』第2巻 | トップページ | サムエル・モリソン『アメリカの歴史』第3巻 »