2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« Yuval Harari,"21 Lessons for the 21st Century" (15) | トップページ | Yuval Harari,"21 Lessons for the 21st Century" (17) »

Yuval Harari,"21 Lessons for the 21st Century" (16)

16.正義 Justice
 われわれが持つ他の観念と同様、「正義」も実は狩猟時代のままなのである。狭い領域をごく少人数で活動していたころの観念を、AIと生物工学が活躍する21世紀に通用させることはできない。まず「正義」は、抽象的価値だけでなく具体的な因果関係を理解することが必要である。しかし、社会構造が複雑化し、莫大な数の人とモノに関わりつつ生きる現代において、因果関係はほとんど個人には理解不可能となっている。たとえば、日常の食事と、食糧になっている動物の生命、投資と公害の関係など。したがって、正義の判断は不可能になっているとの自覚が必要である。
 現代は、憎悪と貪欲だけが罪をつくるのではなく、無知と無頓着が大きな罪をつくるのである。現代の非正義は、個人の偏見によるというより、大規模な構造的偏りに起因している。
 この複雑化した状況を理解しようとして、①事態に関わっていることがわかる範囲内で善玉と悪玉を作って判断する、②涙腺に訴える物語に託す、③陰謀説をつくって訴える、などの問題矮小化の方法がとられるが、もちろんいずれも正しくない。
 正義の議論には、じゅうぶん謙虚であらねばならない所以である。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« Yuval Harari,"21 Lessons for the 21st Century" (15) | トップページ | Yuval Harari,"21 Lessons for the 21st Century" (17) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Yuval Harari,"21 Lessons for the 21st Century" (15) | トップページ | Yuval Harari,"21 Lessons for the 21st Century" (17) »