2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 映画「TEEN SPIRIT」 | トップページ | 映画「The Best of Enemies」 »

映画「ダブリンの時計職人」

人間が生きるということ
 ロンドンで失業した実直な時計職人フレッドが、ホームレスになり気持ちも落ち込んで、生まれ故郷のダブリンに帰ってきたところから映画がはじまる。失業保険を申請しようとするが、ホームレスのため郵便のあて先がないという理不尽な理由で断られてしまう。しかたなくボロ車のなかで生活するが、やがて同じような車での生活を送る若者カハルと、またスイミングプールでピアノ教師の未亡人ジュールスに出会う。いずれも不器用な生き方しかできない人間でたちであるらしい。しずかに時が流れ、静かに悲劇が起こり、しずかに新たな生活がはじまる。人間が生きていることの意味を、しずかに控えめに訴えるような、とても地味だがしっとりとした良い映画である。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 映画「TEEN SPIRIT」 | トップページ | 映画「The Best of Enemies」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「TEEN SPIRIT」 | トップページ | 映画「The Best of Enemies」 »