2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 「寿 初春大歌舞伎」大阪松竹座 | トップページ | 北米東海岸クルーズ (28) »

NEVER COMPLETE 小畑健展

 大阪梅田大丸に、漫画家小畑健の個展を観た。
 私はマンガをほとんど読まないために、こんなに高名な小畑健すら、これまで知らなかった。
 展示全般にもっともインパクトが大きいのは、この漫画家の絵を描く能力の高さである。私は絵画も漫画も門外漢であり、偉そうに批評できる立場にないことを前提だが、この私でさえ小畑健が絵を描く力が卓越していることははっきりわかる。
 団塊世代の私が学生であったころ、とても下手、あるいはザツで汚い絵を売り物にする漫画家も何人かいて、その汚い粗雑な画風が当時のアナキーな風潮・雰囲気にむしろ適合したかのような時期があった。詩的な表現で売ったつげ義春も、作品としては魅力的だったが、絵が上手というわけではなかった。しかし半世紀以上が過ぎ去って、いまでは小畑健のような、一分のスキもないような完璧な絵で漫画を描く時代になったことを改めて観て、感動を覚えた。時間が経って、時代が変わった。漫画、恐るべし。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 「寿 初春大歌舞伎」大阪松竹座 | トップページ | 北米東海岸クルーズ (28) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「寿 初春大歌舞伎」大阪松竹座 | トップページ | 北米東海岸クルーズ (28) »