2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 北米東海岸クルーズ (37) | トップページ | 喜劇「なにわ夫婦八景」大阪松竹座 »

北米東海岸クルーズ (38)

クルーズ船内の楽しみ-2 IFly
 この船には、もうひとつユニークなエンターテインメント施設がある。IFlyと名付けられた空中遊泳である。縦に設置した大型の円筒風洞の中に入り、下から強烈な風を送り込んで、なかのヒトを空中に浮遊させるというものである。スカイダイビングを、一定の場所でシミュレーションするような装置といえる。Ifly
 これに参加するには、耳栓で風圧から鼓膜を護り、ゴーグルで眼を護り、宇宙服のようなツナギの専用服に身を包む。そして指導員から基本的な技術と注意事項を教えられる。大まかには、両手・両足を自然に広げて、大の字になり、身体の力を抜いて下からの風圧を受ける。そうすれば、身体は全体としては水平に弓ぞりになり、安定に浮遊することができる。
いよいよ順番にひとりひとり遊泳を試みる段取りになる。
 私たちのメンバーには、以前のクルーズで経験して今回は2回目の人もいたが、私と家内とはまったくの初めてであり、つい緊張したが、指導員が私の身体を適宜支えてくれるので、短時間の間なら空中に浮かぶことができた。指導員から、もっと力を抜いてリラックスしろ、と指示を受けた。たしかにリラックスできている短い間のみは、比較的安定していられた。いずれにしても、正味はほんの10秒間も遊泳状態にならなかったが、興味深い経験となった。
Ifly_20200207064301  この船には、もうひとつユニークなエンターテインメント施設がある。IFlyと名付けられた空中遊泳である。縦に設置した大型の円筒風洞の中に入り、下から強烈な風を送り込んで、なかのヒトを空中に浮遊させるというものである。スカイダイビングを、一定の場所でシミュレーションするような装置といえる。
 これに参加するには、耳栓で風圧から鼓膜を護り、ゴーグルで眼を護り、宇宙服のようなツナギの専用服に身を包む。そして指導員から基本的な技術と注意事項を教えられる。大まかには、両手・両足を自然に広げて、大の字になり、身体の力を抜いて下からの風圧を受ける。そうすれば、身体は全体としては水平に弓ぞりになり、安定に浮遊することができる。
 いよいよ順番にひとりひとり遊泳を試みる段取りになる。
 私たちのメンバーには、以前のクルーズで経験して今回は2回目の人もいたが、私と家内とはまったくの初めてであり、つい緊張したが、指導員が私の身体を適宜支えてくれるので、短時間の間なら空中に浮かぶことができた。指導員から、もっと力を抜いてリラックスしろ、と指示を受けた。たしかにリラックスできている短い間のみは、比較的安定していられた。いずれにしても、正味はほんの10秒間も遊泳状態にならなかったが、興味深い経験となった。


北米東海岸クルーズを終えて
 今回のクルーズ客には、私たち6人以外には日本人がいなかったように思う。それだけに、ある意味のびのびと旅することができた。
訪問先は、港がある比較的小さな町が多いが、これが私にはうれしいのである。今回訪問した、ポートランド、ハリファックス、セント・ジョンなどは、自分で企画したら訪問先に取り入れようと思いつくことすらもなかっただろう。観光地ズレしていない小さな町は、そこで生活する人々の日常の生活の雰囲気を感じることができ、現地のひとびとと雑談できると、ひとびとの素の部分にほんの少しでも触れた様に思えるときがある。
 ボストンは、かつて仕事で何度か訪れたが、訪問先の建物の中と、仕事で関係ある人々との夕食の会話など、ごく一部の範囲しか触れることがなかった。ゆっくり街を歩いてみて、アメリカの歴史を、サミュエル・モリソンの本で読んだことが、ところどころで思い起こされて楽しかった。
 こうして紀行をささやかにでもまとめてみると、あんなに短時間の訪問に過ぎなかったのに、印象は充分大きく心に残っていることがある。百聞は一見に如かず、とはこういうことなのだろうと、勝手に納得した [完]。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 北米東海岸クルーズ (37) | トップページ | 喜劇「なにわ夫婦八景」大阪松竹座 »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北米東海岸クルーズ (37) | トップページ | 喜劇「なにわ夫婦八景」大阪松竹座 »