2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 野田市郷土博物館と野田市街 (3) | トップページ | 野田市郷土博物館と野田市街 (5) »

野田市郷土博物館と野田市街(4)

キノエネ醤油
 野田市郷土博物館と茂木佐平治邸庭園を訪れたあと、野田市の市街を少し散策した。本町通りに出て少し北上すると、キノエネ醤油の工場がある。Photo_20200501061101
 いささかユニークに響く社名(屋号)の由来は、十干十二支の最初が「甲子」(キノエネ)であることから銘々したものである。
 天保元年(1830)に山下平兵衛が醤油醸造を始めたのが創業である。近代になって、大正6年(1917)に8家合同の野田醤油株式会社が結成され、このときに野田の醤油醸造業者のほとんどが合流したが、キノエネ醤油だけは合同に参加せず、現在まで独立した事業者として存続している。
 本社社屋は明治30年(1897)に建設された伝統建築で、作業を行う工場建物も確認できる最古のものが大正10年(1921)建築の鉄筋コンクリート造とされ、これらの建物群は「近代産業遺跡」として歴史的価値が高いと評価されている。キノエネ醤油工場群は、平成19年(2007)経済産業省認定の近代化産業遺産「野田市の醸造関連遺産」として認定されている。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 野田市郷土博物館と野田市街 (3) | トップページ | 野田市郷土博物館と野田市街 (5) »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野田市郷土博物館と野田市街 (3) | トップページ | 野田市郷土博物館と野田市街 (5) »