2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 鎌倉散策 (6) | トップページ | 「ハマスホイとデンマーク絵画」東京都美術館 (1) »

鎌倉散策 (7)

円覚寺
 建長寺を出て、北鎌倉駅に向かってしばらく歩くと、北鎌倉駅の前に円覚寺がある。Photo_20200525065701
円覚寺は、鎌倉時代後半、建長寺創建から29年後の弘安5年(1282)、ときの執権北条時宗が創建した禅宗寺院である。蒙古襲来による戦争の殉死者を、敵味方の区別なく平等に弔うため、そして国家の鎮護を祈り禅を弘めたいという願いから建立にいたったとされる。
 開祖は、中国に生まれて12歳で出家し、修行を積んだ無学祖元であった。無学祖元は、文永12年(1275)50歳の時、蒙古(元)の軍隊が南宋に侵入して、温州の能仁寺に避難していたとき元軍に包囲された。しかしそこで無学祖元が「臨刃偈」(りんじんげ「臨剣の頌」ともいう)を詠むと、元軍は黙って去ったと伝わる。
Photo_20200525070001  弘安2年(1279)北条時宗は、中国から無学祖元を招聘して建長寺の住持とし、深く帰依した。弘安4年(1281)、2度めの元の侵入である弘安の役に際して、無学祖元はその一月前に元軍の再来を予知し、時宗に「莫煩悩」(煩い悩む莫かれ)と書を与えたという。そして弘安の役の翌年、円覚寺の建設に至ったのであった。
 円覚寺もなんども大火に見舞われて、衰微したことがあった。しかし江戸時代末期に、誠拙和尚が出て伽藍を復興し、現在残る円覚寺の基礎がかたまった。明治期には、今北洪川・釈宗演のもとに多くの雲水や居士が参禅して関東禅会の忠臣的存在となり、多くの人々に親しまれて「心の寺」と呼ばれるようになった。Photo_20200525070101
 山門(三門)は、円覚寺中興の祖とされる大用国師誠拙周樗(せいせつ しゅうちょ)禅師が、天明5年(1785)再建した。掲げられた額の「円覚寺興聖禅寺」の書は、伏見上皇の筆になるものである。
 私はかつて学生時代に一度だけ、京都の臨済宗禅道場に1週間余り禅の実践をしたことがあるが、禅について詳しいわけではない。建長寺にしてもこの円覚寺にしても、具体的に宗教的な感銘を深く感じるわけではないが、人気の少ない禅宗寺院の広大な境内をゆっくり散策するのは、とくに根拠もないままに贅沢で清々しい気分になる。そして、人生の一部ではあったが鎌倉に過ごしたことで、故郷のような懐かしい心の落ち着くことを感じる。これからも、機会があればなんどでも訪れたい場所である。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 鎌倉散策 (6) | トップページ | 「ハマスホイとデンマーク絵画」東京都美術館 (1) »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉散策 (6) | トップページ | 「ハマスホイとデンマーク絵画」東京都美術館 (1) »