2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« ミナ ペルホネン/皆川明 つづく 展 兵庫県立美術館(上) | トップページ | 安倍首相退任にともなう次期総裁選をめぐって »

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく 展 兵庫県立美術館(下)

 生活環境に適合するような服装を創作しようとすると、材料たる生地そのものから創作することが必要となる。そして生地を飾る刺繍やプリントのデザインも、日常の視線に耐え、時間の経過に耐え、時間とともに蓄積される人生の記憶に向き合い寄り添えるような、優しく包容力のあるデザインが求められる。こうして皆川明は「タンバリン」「たば」「ユキノヒ」などをはじめとする実に多数のモチーフを生地のデザインとして創作した。Photo_20200905084501
 生地の製造は、皆川明が納得する素材を日本国のみならず、世界各国から探し出し、求め、信頼のおける確かな工房・工場で製造する。製造には、惜しみなく人手と手間が傾注される。丹念に製造された貴重な生地は、精一杯無駄を省いて効率よく採用できるように、型紙は精一杯の工夫を凝らす。
 このように丹念に制作された作品なのだから、当然ミナ ペルホネンの製品は高価であろう。”the memory of clothes”というコーナーには、ユーザーから借りた15点の服が展示され、それぞれにその服の長期間にわたるユーザーの記憶・思い出が表明されている。ユーザーとともに貴重な時間を過ごした人生の一部としての服は、ユーザー個人としては当然大切な自分の一部である。私の個人的経験では、私にも思いがけず30年余りにわたって着用したスーツがあり、すでに裏地の一部はすり切れて見すぼらしくなってはいるが、私個人にはとても思い出多い私の一部である。私は、これまで服装に特段の思いもなく、ただ望ましい均整から多少外れる私の日本人的な体形になんとか適応してくれるというだけで購入した量産の既製品であったが、ごく最近そのメーカーであったレナウンが倒産し、ついに清算するというニュースを知って、長い時間の経過の回顧とともに、そこはかとない淋しさと喪失感を覚えた。いまから思えば、ミナ ペルホネンのコンセプトにならって、もっと値段は高くとも長持ちするスーツを買っていたならもっと価値はあっただろう、と後知恵で思ったりする。
Oip-1  わが国は、建造物や家屋の多くが木造で、基本的に長期間の耐久性は必ずしも高くなかったこともあり、さらに戦災で大量に焼失したという経緯もあって、とくに近代以降は住居も服装も、長持ちさせることに意識や努力を注いでこなかった面があるのではないか、と思う。それでも、故郷の景観や生活の雰囲気には、長い時間の経過にもかかわらず不変な要素も残っていて、そのなかに生きる日常人としては、もっと長期的視点で服装を考えることが意味あるかも知れないとも思う。
 一方では、世界的なファッションの流行に乗って、雰囲気を常に一新して新しい気分で前進を期するという姿勢も、経済的発展だけでなく人間の心性としてそれなりに価値があるという側面も理解できる。
 それにしても、戦後の高度成長を経たわが国の服飾という世界で、このように流行を追うことを否定し、自分のライフスタイルを意識してとことん追求する、とういう意味できわめて保守的な方針でデザインを極め、そして成功した、という皆川明というデザイナーの、信念と実行力と美的想像力には、ほんとうに敬意を感じた。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« ミナ ペルホネン/皆川明 つづく 展 兵庫県立美術館(上) | トップページ | 安倍首相退任にともなう次期総裁選をめぐって »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミナ ペルホネン/皆川明 つづく 展 兵庫県立美術館(上) | トップページ | 安倍首相退任にともなう次期総裁選をめぐって »