2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« John P.Carlin "Dawn of the Code War"(13) | トップページ | John P.Carlin "Dawn of the Code War"(15) »

John P.Carlin "Dawn of the Code War"(14)

第1章 The Rise of the Hackers
1.8.パスワードとそれを破るソフトLOphtCrack
 FBIシステムに侵入してColonがパスワードを得るためにインストールしたツールのひとつがLOphtCrackという有名なソフトであった。これはLOphtというハッカー出身の技術者が設立したソフト会社の製品で、1998年にリリースされたパスワードの審査と復元をする機能をもつ。8桁のパスワードをPentiumⅡのパソコンで24時間以内にすべて破るという性能をもつ。いまではCPU性能はもっと向上しているので、はるかに短時間にいかなるパスワードも解かれてしまうだろう。
 FBIのテロ対策のまとめ役Richard ClarkeはLOphtを訪れて開発メンバーに会い、サイバー犯罪について教えを請うた。彼らは、マイクロソフト社のセキュリティーを「幼稚園の暗号」と嘲る発言をしたが、Cybercrimeの当事者からみたらいかに脆弱か、いかに多くの会社が十分な警戒を怠っているか、いかに十分に保護できていないか、そのうえいかに多くのひとびとがパスワードを簡単化したり全く変えなかったり、容易に推測できるものにしているか、などを説いた。
 彼らは、ほとんどのパスワードがいかに簡単に破られるのか、いかに多くのネットワークがセキュリティーに脆弱なのかを具体的に実証する目的でLOphtCrackを発売したが、2004年ころには、ハッカーたちのスタンダード・ツールになっていたのであった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« John P.Carlin "Dawn of the Code War"(13) | トップページ | John P.Carlin "Dawn of the Code War"(15) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« John P.Carlin "Dawn of the Code War"(13) | トップページ | John P.Carlin "Dawn of the Code War"(15) »