2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 「今こそGUTAI」展 (上) | トップページ | Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(2) »

「今こそGUTAI」展(下)

Photo_20201231060901  16年前に作品群をまとめて眺めたときには、ふと頭の中にグループ・サウンズの音楽を思い出し、技量や才能はさておき、自分の感性と感覚を信じてともかく突き進もう、というイメージで見たことを記憶している。このたびは少しちがって、具体の抽象美術が、欧米の抽象美術とかなり違うものだと感じられることに気づいた。良い意味で余計な影響を受けず、日本的なオリジナリティが感じられる。その要因について、作品を眺めながら考えてみた。すくなくとも一つの要因は、具体の抽象美術では、細かな部分への執着・注力という特徴があるのではないか、と思う。
 田中敦子の電球と電気配線の集合のような絵にしても、山崎つる子の多様な色彩の絵にしても、嶋本昭三の丹念な絵にしても、いずれも抽象的な造形が細やかに精緻に描かれている。写真でなく実物を目の前にすると、気ままに描き込んだというより、かなりの意志と意図と情熱をもって懸命に描いたということが観る者に伝わってくる。「神は細部に宿る」というコトバを、ふと思いだした。芸術家の頭の中に、かなりの思考、躊躇と果断、悩みと解決などが錯綜して、それらのひとつの結果として画面ができた、という創作の過程の一端が感じられる。Photo_20201231061001
 私は、オートマティズムという作風は、芸術家の真摯な思考過程を反映しないと思って、あまり好まないが、白髪一雄のフット・ペインティングなるものをあらためてまとめて眺めると、画家が単純に偶発性のみで創作するのではなく、それなりの意志表現として創作しているような気もしてきて、今回はじめて白髪一雄の作品を部分的であれ共感でき理解できたような気がした。
Photo_20201231061002  吉原治良の「黒地に赤い丸」、あるいは元永定正の「N.Y.No1」などは、大胆に簡素化した構成で、その表現方法としては西欧の抽象絵画に似ていそうなものだが、不思議に西欧近代美術あるいは西欧現代美術の模倣という感じが無い。簡単な構成のなかに、高度に思考して設計された意思とそれを表現するための精緻さを明確に読み取ることができる。これもひとつの「細部」といってよいだろう。Photo_20201231061101
 具体の作品は、さまざまな美術展のなかの一部の展示作品としてときどき間歇的・断片的に眺めてきたように思うが、こうして改めてまとめてじっくり鑑賞すると、当初想定していたよりも安心して入り込める感じがした。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 「今こそGUTAI」展 (上) | トップページ | Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(2) »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「今こそGUTAI」展 (上) | トップページ | Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(2) »