2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(4) | トップページ | Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(6) »

Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(5)

2.皇帝と探検家
(3)大航海時代
 15世紀末ころには、ヨーロッパは他地域とは異なる文化・経済を獲得し、大航海時代に突入した。
 Henrique the Navigator(エンリケ航海王子:1415-1460)は、ポルトガル王子として航海士に冒険航海を命じ、ポルトガルからアフリカ最南端をまわって大西洋からインド洋、そして太平洋へ至り、新しい海洋商船ルートを開拓させた。続いてポルトガルは、中国との交易を開始した。ポルトガルの場合は、みずから生産した物品を輸出したのではなく、通商ルートと交易拠点を開拓・独占して、他国から買った物を別の国へ売ることで利益を得るものであった。そのための航海技術・地図・船舶を確立したが、それ以上の活動ではなかった。やがてイベリア半島から東に進んでブラジルを発見、植民地化した。
 スペインはイベリア半島から西に向かい、南に下り、ついにアメリカ大陸を発見した。スペインは、交易拠点のみに飽き足らず、新天地から金・銀・その他の財を奪いつくす意欲が大きく、攻撃的であった。折しも天然痘のような疫病と、帝国内の内紛があった南アメリカのインカ帝国は、200分の1に満たない少数のスペイン軍に簡単に征服され滅ぼされてしまった。南アメリカ植民地に投入したスペイン人の人口はアメリカ植民地に投入したイギリス植民人口よりもずっと多く、スペインは現地人との混血を奨励したので、征服者(Conquistador)は被征服者の制度・文化のみならず生物学的特性までも変えてしまったのであった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(4) | トップページ | Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(6) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(4) | トップページ | Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(6) »