2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(13) | トップページ | Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(15) »

Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(14)

6.第一次世界大戦
政治的な疫病=ボルシェビキ
 ドイツが第一次世界大戦で用いた陰謀は、ことごとく失敗におわった。ただ一つだけ、ドイツの陰謀で成功したのが、レーニンを亡命先のスイスからロシアへ送り返したことであった。レーニンはロシア革命でロシア帝国を覆した。レーニンとトロッキーは、もっと広範囲のヨーロッパ、さらには全世界におよぶ社会主義革命を夢見ていた。目指したのはProletarian Pandemicである。
 しかしこの後、ボルシェビキがいかに無慈悲なネットワークを新しいヒエラルキーに組み込んだのかが驚異的である。1918年10月17日、退位したツアーは家族とともに地下で殺害された。クラーク(富農)は、吸血鬼として多数が大衆の眼前で処刑された。1918~1920年のわずか2年間に、30万人もの政治犯が死刑に処せられた。厳しい環境下の強制収容所に、ボルシェビキに疑惑を抱かれた夥しい数の人々が送り込まれた。
 スターリンは、カリスマも嗅覚も乏しい人物で、レーニンの後継者たり得なかったはずであった。スターリンもレーニンも、私的・秘密の革命ネットワーク(clandestine revolutionary network)の産物であった。常に陰謀に取り巻かれている、という意識を共有しているのが20世紀の独裁者の共通の特性である。
 スターリンは、
①官僚機構を完全に制御した
②通信手段のすべてを完全に掌握した
③秘密警察を完全に掌握した
これによって、彼は史上無比の独裁を達成したのであった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(13) | トップページ | Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(15) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(13) | トップページ | Niall Ferguson,”The Square and the Tower”(15) »