2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 赤穂小旅行(9) | トップページ | 「発見された日本の風景」展(2) »

「発見された日本の風景」展(1)

 京都国立近代美術館で「発見された日本の風景─美しかりし明治への旅」と題された展覧会を鑑賞した。先月初旬から始まっていて10月末で終了なので、気分的に少し焦っていたのだが、まだ暑い日差しの中、なんとか美術館まで行き、鑑賞した。
 明治時代の絵画で、明治維新以後新たにヨーロッパから入ってきた「西洋画」に準拠した、いわゆる「洋画」を、作者は日本人、外国人を問わず、描かれた対象が日本であることを基準として選ばれた280点以上の作品を展示している。詳しい紹介はなかったが、すべての展示作品はただ一人のコレクターがイギリス他の外国で発見し蒐集したものであるという。
 あまりに多数の作品が展示されていたので、印象に残ったことに絞って感想を記す。

田村宋立と小山正太郎
Photo_20211029081601  冒頭の序章では、田村宋立の「蒙古襲来図」が目につく。豪華な額縁に表装された大きな絵で、制作技術としては絹本着色(けんぽんちゃくしょく)なので、絹布の上に顔料で描いた日本画技術によっているが、構図も形の描き方も、洋画から受け入れた新しい様式となっている。田村宋立(たむらそうりゅう、1846-1918)は、明治維新の20年前、弘化3年(1846)京都に、公家侍の子として生まれた。幼少時から優秀な子供であったが、10歳から京都で南画を本格的に学び始め、13歳のとき本物そっくりに描く絵画技術の存在を知り、独学で陰影法を始めた。やがて写真を知り、ますます写実的に描くことに熱中した。23歳のとき、写実絵画を本格的に学ぶために外国語が必須と判断して、欧学舎支舎英学校に入学し、アメリカ人から英語を本格的に習った。このような経緯から、田村宋立は生涯を通じて流暢な英語を話したという。そして青蓮院にあった粟田口病院に通訳兼画家として勤め、解剖図を模写し、ドイツ人医師ランゲックや英国人ウェットン、米国人ライアンゲーに油絵の手ほどきを受けた。明治5年(1872)ワーグマンの評判を聞きつけ横浜へ行き、ワーグマンの紹介で高橋由一、亀井至一、五姓田派の人々と交わった。田村宋立は、わが国ではもっとも初期の洋画家だとされている。Photo_20211029081602
 小山正太郎(1857-1916)の「秋景図」がある。これはカンバスの上に油彩で描かれた本格的な洋画だが、その技術もかなり高いと思う。緻密で繊細な筆致は、とても印象的である。
最幕末の安政4年(1857)、長岡藩の上層の藩医の子として生まれた小山正太郎は、高100石の長岡藩士となり、維新を経て廃藩後に長岡英学校で英語を学んだ。14歳で政治家を目指して上京し、しかし政治でなく川上冬崖の画塾に入門し、塾頭にまでなる。16歳で陸軍に入り、そこでフランス人教官アベル・ゲリノーから水彩画法を学んだ。明治9年(1876)設立されたばかりの工部美術学校に入学し、御雇教授のイタリア人アントニオ・フォンタネージから指導を受けた。その3年後には、22歳で東京師範学校図画教員に抜擢され、洋画の教育者として先駆的な成果を残した。
 わが国の洋画導入の初期は、これらの例のように、かなり社会的上層の知識人から出た画家たちによって担われたようだ。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 赤穂小旅行(9) | トップページ | 「発見された日本の風景」展(2) »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤穂小旅行(9) | トップページ | 「発見された日本の風景」展(2) »