2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« 赤穂小旅行(8) | トップページ | 「発見された日本の風景」展(1) »

赤穂小旅行(9)

赤穂温泉の食事と満月
 今回の小旅行のメインは赤穂温泉であった。グルメ・ガイドで食事がおいしいと評判だという旅館に宿泊した。
 ディナーはたしかに豪華であった。鯛の塩釜という名物メニューがあった。鯛1匹を3キロの赤穂の塩でくるみ、丸焼きする。


2_20211027061601

大型のたい焼き用のような型に入れて、鯛の形の塩の塊として出てくる。鯛を包み込む殻となる大量の塩は、卵白をバインダーとして混ぜているので、再利用はできないという。これを木槌で叩き割る。塩の浸透圧でちょうど良い具合に塩味が鯛に浸みこみ、おだやかな鯛の塩焼きが出来上がるという料理である。鯛の捌きは、給仕係の女性が実に見事な箸づかいでテキパキとやってくれる。大きな鯛と思っても、3人で分けるとさほどの量はない。実に贅沢な食べ方である。そのあとビーフステーキも出てきたし、高齢者にはいささかキツイほどに満腹した。Photo_20211027061701
 せっかくの温泉であり、今回も夜2回、朝1回と、たっぷり温泉を楽しんだ。
 ちょうどこの日は、中秋の名月であった。しかも暦の関係でまったくの完全な満月と重なっているという。少し薄雲があったが、さいわい満月にはかかっていなかった。持参してしたポケット・デジカメで撮影したが、やはり多少ブレたのか、たしかに眼で見たような満月としては撮影できなかった。
 翌日の朝食も、なかなか充実した内容であった。ヒトは、おいしい食べ物で満腹できれば、それだけで幸福になれることを、再確認した。


Photo_20211027061801

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 赤穂小旅行(8) | トップページ | 「発見された日本の風景」展(1) »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤穂小旅行(8) | トップページ | 「発見された日本の風景」展(1) »