2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

« 秋の東北旅行(1) | トップページ | 秋の東北旅行(3) »

秋の東北旅行(2)

新発田付近の白鳥飛来
Photo_20231125060201  北陸自動車道を北上し、磐越自動車道と交わる新潟中央ICを過ぎると、高速道路の名が日本海東北自動車道と変わる。この高速道路は未完成で、現在は村上市の朝日地区までのごく短い間しか通じていないが、その入口付近は阿賀野市である。このあたりから、新発田市にかけて、田んぼに毎年冬になると、野生の白鳥の群れが飛来する。新潟県全体では毎年10月頃から3月頃にかけて15,000羽もの白鳥が中国北部やロシアなどの北方から飛来するのである。
 はじめて野生白鳥の飛来が観測されたのは、昭和25年(1950)であった。その後、昭和29年(1954)吉川重三郎(通称白鳥おじさん)が、日本で初めて野生のハクチョウの餌付けに成功した。この年「水原のハクチョウ渡来地」として国の天然記念物に指定された。平成20年(2008)には湿地の生態系を守る国際条約であるラムサール条約の登録湿地に指定されている。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 秋の東北旅行(1) | トップページ | 秋の東北旅行(3) »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の東北旅行(1) | トップページ | 秋の東北旅行(3) »