2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

« 「少女たち-夢と希望・そのはざまで」展(10) | トップページ | 「少女たち-夢と希望・そのはざまで」展(12) »

「少女たち-夢と希望・そのはざまで」展(11)

粥川伸二のモダンガール
Photo_20231114200301  粥川伸二(かゆかわしんじ、明治29年1896~昭和24年1949)は、大正・昭和時代の日本画家である。土田麦僊に師事した。国画創作協会展へ大正7年(1918)の第1回から出品し,「妖影」などシュルレアリスム的な作品を発表した。昭和3年(1928)新樹社結成に参加し、「蘭船入津」「長崎港」など、長崎をテーマにした日本画を多く出品した。のちには院展で活躍した。
 粥川伸二「娘」が展示されている。
 黒いパラソルをさした女性は、華やかな柄の着物の下にブラウスを着て、典型的なモダンガールの風情である。小脇に抱えている書物は聖書のようだ。絹本彩色の純然たる日本画だが、その斬新な画題と、色彩の鮮やかさと明るさ、線の鮮明さなどから、日本画のイメージを抜けているようにも思える。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 「少女たち-夢と希望・そのはざまで」展(10) | トップページ | 「少女たち-夢と希望・そのはざまで」展(12) »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「少女たち-夢と希望・そのはざまで」展(10) | トップページ | 「少女たち-夢と希望・そのはざまで」展(12) »