2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 嵐山光三郎『昭和出版残侠伝』筑摩書房 | トップページ | 京セラ美術館 コレクションルーム展(1) »

2024年度高槻こいのぼりフェスタ

 今年は「高槻こいのぼりフェスタ1000」というタイトルで1000匹の鯉のぼりを翻すとのアピールらしい。
 4月29日例年通り、河川敷広場で午前10時から昼休みをはさんで、午後3時半までステージイベントが行われた。家人とふたりで、芥川高校の和太鼓を中心に観に行った。1000_20240516060501
 キッズ・ダンスという子供から青年までのそれぞれの演技があった。幼稚園児や小学生も、楽しそうに踊るのは可愛い。
 芥川高校の和太鼓部は、創部30周年、部員60名を誇り、全国高校総合文化祭に19回出場し、優秀賞・文化庁長官賞(2回)、優良賞(4回)を受賞、国立劇場公演(2回)にも参加という輝かしい実績をもつ。海外活動でも、2001年からイギリス、トルコ、韓国、スペイン、オーストリア、インドネシア、ベルギー、アメリカ、中国(日中高校生友好交流事業)、シンガポール(文化庁派遣)で公演を行い、11回目の海外公演となったポーランドの世界民俗芸能フェスティバルで「特別賞」を受賞している。リズムだけでこれだけの表現力を実現するのには、感動する。また、笛を2人加えた演奏もあるが、この笛のボリウムにも驚いた。
 高槻こいのぼりフェスタの恒例のイベントとして、すっかりこの地に定着している。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 嵐山光三郎『昭和出版残侠伝』筑摩書房 | トップページ | 京セラ美術館 コレクションルーム展(1) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐山光三郎『昭和出版残侠伝』筑摩書房 | トップページ | 京セラ美術館 コレクションルーム展(1) »