2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 「女性画家たちの大阪」展 中之島美術館(21) | トップページ | 「女性画家たちの大阪」展 中之島美術館(23) »

「女性画家たちの大阪」展 中之島美術館(22)

新たな時代の女性画家たち
 島成園・木谷千種の門下以外の女性画家たちである。Photo_20240508054001
鳥居道枝
 鳥居道枝(とりいみちえ、明治35年1902~昭和5年1930)は、海軍技師鳥居榮の長女として東京に生まれた。父の大阪勤務にともなって一家で大阪に転居し、大正8年(1919)大阪府立清水谷女学校を卒業して岡山大更に入門した。土田麦僊の門下であった時期もあるという。大阪美術展覧会や蒼空邦画会展、第一次作家同盟展などに出品した。日本画家山本紅雲と駆け落ちして結婚し、京都に暮らしたが、肺結核のため20歳代後半で没した。
 「少女像」(大正9年1920)が展示されている。
 北方ルネサンスに傾倒していた草土社(そうどしゃ)風リアリズムの人物表現に、制約の多い日本画の顔彩を使って敢えて挑戦したもので、鳥居道枝の初期の実験的作品である。手の指の描写など多少ぎこちなさが残るものの、ほつれ毛や瑞々しい顔の細密描写などには20歳未満とは思えない巧みさが際立つ。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

« 「女性画家たちの大阪」展 中之島美術館(21) | トップページ | 「女性画家たちの大阪」展 中之島美術館(23) »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「女性画家たちの大阪」展 中之島美術館(21) | トップページ | 「女性画家たちの大阪」展 中之島美術館(23) »