2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

映画・テレビ

映画「さよならテレビ」

 マスメディアに関わっていた友人から紹介していただいて、今回ごくマイナーな手作り映画のひとつを観た。東海テレビの社員が、自社の内部をドキュメンタリーとして撮影・編集したものであるという。
 鑑賞後の感想としては、他の映画作品にはない独特のものがある。この映画のなかで最後のところで登場人物のひとりたる澤村慎太郎記者がつぶやく「なにを訴えたかったの?」という疑問・指摘も至極もっともである。実際、作品としての主張あるいは主題などというものは、きわめて希薄あるいはきわだって未整頓といえる。ただ、この業界に関わりのない私個人としては、業界内部の一部を垣間見るという意味ではおもしろい。
 なにを訴えるのかという観点から考えると、率直に言って、回答のない解決の見込みのない願望らしきものを、勝手に望んで勝手に失望しているように見える。民間からの広告スポンサーに依存する経営基盤で行う事業なのだから、「中立・公正」を謳う以上せめてもの「偏らない」指標として視聴率に振り回されるのは理解できる。しかしその視聴率という指標ほど中身のないものもないだろう。視聴率を稼ごうとすれば、メディアが見下し蔑視している「大衆」に享ける番組を提供せざるを得ない。その結果、事実を伝えかつ「権力を監視」すべきと高らかに謳う報道番組に、大衆うけする、大衆に「わかりやすい」芸人やタレントを多用して、低俗な喧しい井戸端会議風の番組にする。かつて競馬やプロレスの実況放送で人気を博しただけの、したがって見識など期待すべくもない軽薄なアナウンサーを、報道番組のキャスターに用いて視聴率を維持したことなど、その典型である。あるいは「権力を監視」と言いつつ、不勉強で怠慢な自称「ジャーナリスト」あるいは「評論家」を多用して、聴くに堪えない低水準の「評論」を貴重な電波に載せる。この映画のなかで澤村慎太郎記者がいう「社会の問題を指摘するだけでなく、その解決を考え抜いて報道する」からはほど遠い放送をせざるを得ないのが実情であろう。結局、アメリカで行われているような、それぞれの立ち位置を鮮明にしたそれぞれが「保守系放送局」あるいは「進歩系放送局」として、「中立・公正」など構造的に実現不可能な建前を棄て去って、堂々と「偏った」報道をする方が、視聴者から見れば安心できる、信頼のおけるテレビ放送になるように思える。
 この映画は、自分に関係ないものとして観る限りは、それなりに興味深いが、メディアに直接かかわっている人から見ると、愉快なものでは到底ないだろうことも容易に推測できる。まあ、そういった少し特殊な独特の作品であった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」

結局は他愛のないコメディー
 もとはブログのエッセイだという。1970年代の栃木県のちいさな町が舞台で、ここの高校生のワルガキどもと、駐在さんとして町に来た警官との、いたずら抗争のお話しである。さまざまな悪ふざけが続くが、最後は気の利いたこころ温まるエピソードでまとめている。
 主演は市原隼人、駐在さんに佐々木蔵之介、元ヤンキーの駐在さんの美人妻に麻生久美子、などが出ている。市原隼人は、たしかに魅力ある俳優だ。
 私たちの年代にとっては、1970年代の若かりし頃の時代の雰囲気など、懐かしさも楽しめる。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

映画「ゴールデンスランバー」

ケネディ暗殺事件の日本パロディー化版か
 国家警察の策謀で、首相暗殺の濡れ衣を被せられた主人公が、大立ち回りで逃げ回るというストーリーである。物語構成は、未だに謎に包まれたままの半世紀前のケネディ大統領暗殺事件から多くの素材を採用している。主演を堺雅人、その元恋人を竹内結子、大学時代の友人を劇団ひとり、吉岡秀隆、謎の神出鬼没の殺人鬼を濱田岳、ターミネイター的な殺し屋を永島敏行、陰謀の首謀者らしき警察幹部を香川照之など、多彩な豪華メンバーが出演している。なにか政治的批判のようなものを秘めているのかも知れないが、よくわからない。ひとまず娯楽作品として成立している。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

映画「町田くんの世界」

現実性は薄いがそれでも感動する
 コミックの実写化作品だという。勉強も運動も苦手でとても不器用で地味でなんの取柄もなさそうな町田くんだが、どんな相手でも困っているのを見過ごすことができない、天使のように優しい人柄である。そんなあり得ない男子生徒がもし存在したら、というファンタジーである。世の中の普通の価値基準を、ファンタジーで見直してみよう、皮肉ってみよう、ということだろうか。主人公もヒロインも、私は知らなかった人だが、脇をかためる女優や俳優は豪華な有名俳優である。松嶋菜々子、岩田剛典(三代目 J Soul Brothers)、高畑充希、前田敦子、仲野太賀、池松壮亮、佐藤浩市、北村有起哉などなど。たくさんの有名なアラサーが高校生を演じているが、これはこれでおもしろい。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

映画「今日も嫌がらせ弁当」

家族の関係の歴史とリアリティー
 八丈島を舞台に、明るく奮闘するシングルマザーと反抗期の高校生の娘の、3年間にわたる対決と成長のお話しである。主人公のシングルマザーを篠原涼子が、反抗する高校生の娘を芳根京子が、それぞれ演ずる。篠原涼子は、若いころは典型的なダイコン役者であつたが、市村正親と年の差結婚したころからか、すっかり演技派の女優に成長して、なんとなく女性としての魅力も増し、達者で楽しい演技を見せてくれる。決して重苦しい雰囲気の映画ではないが、交通事故で夫を亡くしたという設定で、現実にもこういう境遇のおかあさんはいるだろうと思うと、いささか迫ってくるものがある。大都会でなくちいさな島が舞台というのは、人間同士の自然な交流が多彩できめ細かく、人間の暖かさを表現するのに適しているのかも知れない。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

映画「The Best of Enemies」

実話の迫力と数奇さ
 実話にもとづくドラマ映画である。1971年のノースカロライナ州ダーラムが舞台である。ここは、人種分離政策が実施されていて、黒人女性の公民権運動家アン・アットウオーターはさまざまな不平等に抗議して戦っていた。一方この地にはKKKの会合があり、ガソリンスタンドを経営するエリスはKKKの幹部であった。
 ラーレーから来た弁護士が指導して、この黒人公民権運動家とKKK幹部を中心に関係者を集めて2週間の、人種差別問題を議論するための会合を役所が主催して開催し、ちょうど問題としてあがっていた子供の教室の人種別分離の問題から議論がはじまった。最初は対立のみが目立ったが、なんとか話し合いを続けるうちに、黒人公民権運動家とKKK幹部の双方が徐々に理解し合うようになり、ついに画期的な和解に至る、という感動的なストーリーである。これが実話で、実名の役柄に対応する実在の人物が最後に登場する。
 なにより実話であり、ノースカロライナ州ダーラムやラーレーは、私自身がかつて仕事で何度か訪れたことがあり、一層印象の深い作品であった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

映画「ダブリンの時計職人」

人間が生きるということ
 ロンドンで失業した実直な時計職人フレッドが、ホームレスになり気持ちも落ち込んで、生まれ故郷のダブリンに帰ってきたところから映画がはじまる。失業保険を申請しようとするが、ホームレスのため郵便のあて先がないという理不尽な理由で断られてしまう。しかたなくボロ車のなかで生活するが、やがて同じような車での生活を送る若者カハルと、またスイミングプールでピアノ教師の未亡人ジュールスに出会う。いずれも不器用な生き方しかできない人間でたちであるらしい。しずかに時が流れ、静かに悲劇が起こり、しずかに新たな生活がはじまる。人間が生きていることの意味を、しずかに控えめに訴えるような、とても地味だがしっとりとした良い映画である。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

映画「TEEN SPIRIT」

ありそうな話として惹きこまれる
 イギリスのワイト島に育ったポーランド系の少女ヴァイオレットは、母の不倫で家を出て行った父のため母子家庭で育ち、母の不倫に傷ついていた。内気で地味な女の子だが、歌が好きで歌手になることを夢見ていた。17歳になってようやくテレビのオーディションに参加するチャンスを得た。
 歌手のデビューが、並大抵のものでないことは、私たち門外漢にも容易に推測ができるが、この映画でも、さまざまな思惑を持つ人物が歌手をめざす有望な女の子に接触してくる。もとオペラ歌手で、歌手のマネージャーとして一儲けをたくらむアル中の中年男、コンペティションの始まる前に有利な契約をせまる音楽会社、急に有望となったヴァイオレットに言い寄ってくるイケメン男など。現実にも歌手の登竜門のプレッシャー、緊張感に加えて、騒々しい周辺の擾乱は大変なものだろう。たった2日余りの出来事だが、緊張と誘惑と裏切りと疲労と不退転の集中と、さまざまな要素がいかんなく描かれて、見応えのある映画となっている。主役のエル・ファニングが歌っているのか、それとも歌は吹替なのか否かは知らないが、劇中歌はそれ自体がいずれも素晴らしい魅力溢れたものである。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

映画「ちはやふる─結び」

美形男女の青春劇画
 人気コミックの実写映画で、映画としての最終章らしい。若手人気女優の広瀬すずが主人公千早(ちはや)を演じ、競技かるた部の仲間に野村周平、上白石萌音、新田真剣佑、ライバルに松岡茉優などの人気俳優が大勢出演している。
 私自身はかるたを知らないし、まして競技かるたなどというものをまったく知らないが、なかなかエネルギッシュな激しいスポーツのひとつのようだ。波乱をふくんだストーリー、若手美女と典型的イケメンをキャストに揃え、競技かるたの大きな宣伝にもなっているように思う。
 小難しいところは何もなく、きれいな若い男女を見て、適当にわくわくして、楽しい映画となっている。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

映画「Long Shot」

ハリウッドらしい風刺喜劇
 アメリカではじめての女性大統領の誕生を題材にしたコメディである。
 体を張って取材を続ける冴ない風貌のジャーナリストであるフレッドは、子供のころ近所に住む利発な年上の女の子シャーロットにベビーシッターをしてもらっていた。そのシャーロットは、傑出した教育と経歴を積み重ねて、なんと次期大統領候補になっていた。
 勤務していた会社が悪辣なメディア経営者に買収されたことに憤慨して失業したフレッドは、求職機会をもとめて政治家が参加するあるチャリティー・パーティに参加したとき、偶然にシャーロットと再会する。幼いころ実は互いに気になっていた二人は、内心はおおいに喜ぶが、大統領候補になろうとするシャーロットは、会うべきハイランクの人たちが多すぎ、無職のみすぼらしいフレッドとは、住む世界が違い過ぎた。
 しかし、後日フレッドが書いたコラムを読んだシャーロットは、彼の才能を認めスピーチ・ライターに抜擢して採用する。政界で頂上にのし上がろうと懸命に努力するシャーロットと、頑固な社会派ジャーナリストであるフレッドは、さまざまに行違うが、同時に共感するところもあり、やがて密かに愛し合う関係にまで発展する。
 大統領候補として選挙に勝利するためには、身辺にあやしい人物、品格を汚す人物は禁物と彼女を支援する現職大統領からアドバイスをうけ、シャーロットはフレッドの存在を公表することを躊躇う。フレッドもそれは理解する。しかし、自分の意思に忠実であれ、とアドバイスするフレッドに共感したシャーロットは、率直なスピーチを断行して、結果として大成功し、ついに大統領になる。その「ファースト・ミスター」は、チビでお腹の出たフレッドであった。
 ストーリーは他愛のないファンタジーだが、ハリウッドの政治的主張も込められ、軽いけれどもビリリと風刺もある作品となっている。どうしてもハリウッドは、リベラル、民主党が大好きらしい。まあ、それなりに楽しめる映画である。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください