2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

美術

「ゴッホ展」兵庫県立美術館 (3)

ハーグ派に導かれて 農民画家としての夢
Photo_20200327061801  1980年画家を志して以来、弟テオからの仕送りに依存する生活、そんな「甲斐性なし」に対して不満をぶつける家族たち、などで彼の生活は不安定で、精神的環境も良くなかったようだ。年上の女性との恋愛と破局、父との葛藤と父の急死などを経て、1883年ころには子持ちの娼婦シーンと同棲して、彼女をモデルに絵を描き続けた。そのひとつが「ジャガイモの皮を剥くシーン」(1883)である。このころまでは鉛筆・チョーク・水彩などの絵が多かったが、ゴッホは農民画家として自立を目指し、油彩の技能向上を図って多くの習作的な作品を集中的に制作した。
Photo_20200327061802 「農婦の頭部」(1885)はそのうちのひとつである。たしかなデッサン力にもとづくしっかりした基本構造のうえに描かれているのがわかる。おなじような女性の頭部の作品がいくつかならんでいる。
 それらの周到な準備のうえにそれまで練りに練って考えた独自の画風を駆使して、彼自身の農民画の集大成として「ジャガイモを食べる人々」(1885春)を完成した。ゴッホはこの出来栄えにはかなりの自信があった。油彩の原作品からリトグラフを作って、親友であった画家仲間のアントン・ファン・ラッパルトにも送った。にもかかわらずラッパルトからは、人物、コーヒー沸かしなどの日用品、それらの構図上の関係の問題など、描き方が甘いと酷評され、憤慨する。ラッパルトに対してゴッホは「リトグラフについては説明しておきたい。僕はあれを記憶だけで、しかも1日で仕上げたんだ。頭がおかしくなりそうなほど構図を探して、とても難しい処理をして、それらをまとめることができる新たなアイディアを探していたんだ。」と手紙に書き送り、以後絶交にいたったという。Photo_20200327061901
 同じころの静物画として「器と洋梨のある静物」(1885)がある。ゴッホの写実の技能がこのころには高い水準に達していたことがわかる。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

「ゴッホ展」兵庫県立美術館 (2)

ハーグ派に導かれて ハーグ派の画家たち
 オランダの都市ハーグを拠点に19世紀後半に活動した画家たちのグループは「ハーグ派」とよばれ、町の周囲の田園地帯や海岸地帯の風景を詩情豊かに描きだしていた。


Photo_20200325061501

 ゴッホが弟テオへ宛てた手紙には、彼が「生命の表現」を目指していたこと、そのために「色調と色彩」がとても大切であること、そしてそれをアントン・マウフェから教えられたことが綴られている。この「生命を表現する」という言葉は、ゴッホの以後の作品を読み解くキーワードのように私には思える。 
Photo_20200325061401  アントン・マウフェ「雪の中の羊飼いと羊の群れ」(1887)は、厳しい自然たる白い雪と、それに対抗して静かに燃え続ける羊の生命を表す褐色との対比が、地味ながらも鮮明である。
 やはりテオへの手紙に書かれた文章「自然、現実、真理。これらのものから芸術家は意味や解釈、特質を取り出し、そこに表現や自由を与え、暴露し、解放し、つまびらかにする。マウフェやマリスやイスラエルスの絵は、自然そのものよりも明快に語るんだ。」は、ゴッホがマティス・マリスの「出会い(子ヤギ)」(1865)から何を見いだしたのか、どのように影響を受けたのかを鮮明に表している。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

「ゴッホ展」兵庫県立美術館 (1)

 兵庫県立美術館で、ハーグ美術館の協力・監修を得てフィンセント・ファン・ゴッホの総合的な美術展が開催された。東京上野の森美術館と、ここ兵庫県立美術館との二つが今回の展覧会開催場となった。
 ゴッホは、とても人気のある画家なので、これまでにもなんども特別展が開催され、私もなんども観た。一昨年にも大阪市立美術館で観た。
 今回は、ゴッホの画業の進展を、彼に影響を与えたと考えられる他の画家を、よく知られている有名画家か否かにこだわらずあわせて展示していることが特徴である。
 展覧会の構成は、わずか10年間のゴッホの活動期間を二分して、最初の2年間主にハーグで独学中心に活動したころ、続いてアイントホーフェン近郊のニューネンなどを拠点に先行する画家たちに学びつつ画業の基礎を確立していった画家としての前半生を「Ⅰ.ハーグ派に導かれて」とし、フランスに移り印象派の画家たちに大きく影響を受けつつ独自の境地を切り開いていった画家としての後半生を「Ⅱ.印象派に学ぶ」としている。


ハーグ派に導かれて 独学からの一歩
Photo_20200323060901  1853年と言えば、わが国の嘉永6年で、6月にアメリカのマシュー・ペリーが率いる軍艦艦隊が浦和に入ってきた歴史的大事件の年であった。この年の3月、フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホがオランダ南部の町に牧師の子として誕生した。彼は16歳の時に大手の画商グーピル商会に勤め始め、ハーグ、ロンドン、パリなどにも出て働いたが、7年後に解雇された。そのあと少し教師や書店員などをしたのち、24歳のころ牧師になろうと大学神学部入学をめざして1年余り受験勉強をしたが挫折し、27歳の1880年ころから画家を志すようになった。弟テオの経済的援助を受けつつ、1881年からオランダ・ベルギーの諸都市を転々として画作を続けた。独学で絵を描いていたゴッホは、色彩・デッサンの専門書を読んで学んだり、ジャン=フランソワ・ミレーなど巨匠たちの作品を模写したりしていた。
 ゴッホは、ミレーが描くような、働く貧しい農民の境遇や表情の表現に共感し、社会派、写実派、あるいはバルビゾン派に共感する立場から画業をはじめた。ゴッホは、かなり速筆だったのか、短期間に同じようなテーマ、対象の絵画をまとめてたくさん描いて残していて、そういう彼なりのハードな修行方法で短い期間に絵画の技量を高めていったようである。
 このゴッホの初期の作品として、鉛筆・ペン・インク・水彩による「疲れ果てて」(1881)がある。しっかりした構図とデッサン力とが誰にもよくわかる。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

神戸市立博物館名品展 (4)

「聖フランシスコ・ザビエル像」
 この博物館コレクションのひとつの目玉が「聖フランシスコ・ザビエル像」である。Photo_20200229062901
 これはザビエルが聖人に列せられたという知らせが日本にとどいた1623年以降に制作されたと考えられる。類似の先行図様としては、フランドルの版画家、ヒエロニムス・ヴィーリクス(1553~1619)版刻の銅版画などがあり、作者は、落款の壷印(狩野派を示す)と「漁夫」(ペトロを示す)の署名から狩野派の絵師ペトロ狩野(狩野源助)とする説があるが、確証はない。大阪府茨木市の隠れキリシタンであった東藤嗣宅に伝わる「開けずの櫃」から大正9年(1920)に、「マリア十五玄義図」などとともに発見された。発見時のモノクロ写真から、保存学者の神庭信幸は、掛け軸だったのが額縁入りに仕立て直されたほか、制作時に使われた真鍮が変色して黒っぽくなっていた頭光が、発見後に黄色に描き足されたと推測している。禁教で破却された数多くの聖画のうち、秘匿(ひとく)されて伝世した数少ない江戸初期の洋風画である。
 描かれたフランシスコ・ザビエルの口からは「充分です、主よ、充分です」とラテン語を話していることが描かれている。下部には、フリーズのように「聖フランシスコ・ザビエル イエズス会会員」という意味のラテン文を記し、金を想わせる黄色地には、万葉仮名で「瑳布落怒青周呼山別論廖瑳可羅綿都 漁父環人(さふらぬしすこさべろりうさからめんと ぎょふかんじん)」とあり、「IHS」の朱印と壺印を押す。十字架をもつ右手の掌には、赤く燃えたぎる心臓が描かれ、ザビエルの命がけの伝道への情熱を表わしているとされている。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

神戸市立博物館名品展 (3)

南蛮美術館
 神戸市中央区熊内町にある神戸市文書館は、もともと『南蛮美術館』であった。それは、昭和初期の富豪池長孟(いけながはじめ)が、神戸を世界的な文化都市にしようと、私財を投じて、世界中から有名な美術品を体系的に収集し、私立美術館として公開したところから始まっている。池長孟は、若いころヨーロッパを訪れて、その美術品の文化的蓄積の大きさに深く感銘したのがきっかけだという。苦心の末収集した7000点以上の美術品のために、小川安一郎設計のアール・デコ調のしゃれた美術館を建て、昭和13年(1938)5月『私立池長美術館』を開設し、昭和15年(1940)4月から一般公開した。
 戦後、神戸市が池長から美術品ごと館を譲り受け、昭和26年(1951)に『神戸市立美術館』として開館した。このとき池長は、「南蛮美術総目録」(昭和30年1955)を自ら著していて、今回展示されている。出版冊子で300ページを超える浩瀚な目録は、池長の美術評論をも含む貴重かつ重厚な作品である。
 『神戸市立美術館』は、昭和40年(1965)4月には『市立南蛮美術館』と改称した。昭和57年(1982)11月京町筋に新設の『市立博物館』内に『南蛮美術館』を設け発展的に美術品を全部移転した。なお、熊内町の『南蛮美術館』は閉館して、のちに現在の神戸市文書館になった。
 重要文化財「泰西王候騎馬図屏風」(17世紀初期)は、会津藩主松平家に伝来した初期洋風画とされる八曲一双の屏風である。「泰西」とは、ヨーロッパを意味し、ここでは画面左から神聖ローマ皇帝ルドルフ2世、オスマン帝国のスルタン(ムラト2世)、モスクワ大公(イワン雷帝)、タタール大汗、をダイナミックに描いている。

Photo_20200227064901

 これは慶長15年(1610)ころに、有力大名への贈答品とするため、イエズス会の指導のもと、イエズス会セミナリオの工房の日本人絵師によって制作されたとされる。キリスト教の王と異教の王が対峙する主題と短縮法や陰影法の表現などは西洋風だが、背景の金箔、墨絵による下図、彩色の顔彩絵具などは日本画という和洋折衷の作品である。原図は、アムステルダムで1606年から1607年に刊行された世界地図(ウィレム・J・ブラウ図)を基に、1609年に海賊版として刊行された大型世界地図(いずれも現存しない)の周囲に描かれた装飾画と推定されている。17世紀初頭、世界地図の上部を飾る図像を日本で取り入れ拡大し、装飾性をもつ他に例をみない騎馬図を完成させた。
 本作品は会津若松城に伝来し、最初は城の襖絵だったと伝えられる。しかし戊辰戦争の頃には屏風装になっており、若松城落城の際に屏風から切り剥がされて2つに別れた。片方は長州藩士前原一誠の手に渡り、南蛮美術のコレクターであった池長孟を経て、この神戸市立博物館の所蔵になった。もう片方は会津藩松平家が所持しつづけ、戦後個人コレクターを経てサントリー美術館へ入った。この美術作品も、わが国の歴史の激変を生き抜いてきたのである。
 展示品の絵のなかには、戦国期あるいは近世期に伝来したものとともに、日本に渡来した中国の画家の作品もある。たとえば、今回展示の「風牡丹図」は、享保期に長崎にきたらしい清の画家鄭培(ていばい)が、日本で描いた作品だという。中国の絵らしい面とともに、日本の花鳥風月の表現に学んだところもあるように思う。
 近年では、江戸時代日本の「鎖国政策」も、字句通りの閉鎖ではなく、一定度の国際交流が存在したことが知られているが、美術においても外国から、あるいは外国に向けての相互的な影響は確実に存在したことがわかる。
人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

神戸市立博物館名品展 (2)

日本についての展示
Photo_20200225061901  神戸市立博物館は、私がなんとなく想定していたよりもはるかに膨大な、日本の歴史的遺物・資料を収蔵している。古代・中世・近世・近現代のすべてにわたって、とくに摂津・播磨を中心に、貴重な地方的な歴史的資料を豊富に集めている。紀元前後の弥生時代のものとして、「桜が丘12号銅鐸・銅戈群」が展示されている。銅鐸は絵が描かれたものと、それがないものの別があり、銅戈は微妙な形の相違がある。
 江戸時代17世紀に、狩野吉信が描いた「源平合戦図屏風 ─ 一の谷・屋島合戦図」がある。摂津国一の谷と、讃岐国屋島とを、同じ画面のうえに載せるという大胆な構図で、動きある表現で描かれた大勢の武士・戦士たちを配して、時代のエネルギーを表わした絵である。

Photo_20200225062201

 幕末ころの興味ある展示品に「「大輿地球儀」」安政2年(1855)がある。あとで触れる秋岡竹次郎のコレクションのひとつである。
 Photo_20200225062001 江戸時代後期に土浦に生まれた地理学者・天文学者であった沼尻墨僊(ぬまじりぼくせん)が考案して制作した、番傘の構造にヒント得た折り畳みができかつ低価格の普及版を目指した地球儀である。当時の日本は、すでにこうしたものに対してニーズが立ち上がっていたのであろう。沼尻墨僊は、他に「地球万国図説」を著したことでも知られている。当時の世界最高水準の地理書を数多く筆写したもので、その中には世界図の模写も含まれている。また彼は、多くの地図の収集も手がけていた。模写された地図は、長久保赤水作の「地球万国山海輿地路程全図」、「大清広輿図」、同じく高橋景保の「新訂万国全図」などを含む。
 南波松太郎・秋岡竹次郎の、地図コレクションからも展示がある。
 南波松太郎は、明治27年(1894)3月、大阪市に生まれ、東京帝国大学工学部船舶工学科を卒業ののち、三菱造船神戸造船所に勤務し、国内ではじめて豪華客船を設計した技術者であった。のち副所長を経て、東京帝国大学教授、神戸商船大学教授、大阪産業大学教授などを歴任した。
 大正8年、中学時代の同窓生であった友人秋岡武次郎から木版刷り江戸図をもらったのがきっかけで、以後60余年にわたって広く古地図の収集を続けた。著書に「砕氷船」「鉱石船」「日本の古地図」「船・地図・日和山」「日和山」などがある。昭和58年(1983)古地図4000点を神戸市立博物館へ寄贈した。
 この度は、寛延2年(1749)に写しとして描かれた「万国図」、伊能忠敬の作製による「沿海地図」(文化元年)、そして宝暦9年(1759)長莎館校、沢田員矩誌による「地球分双卯酉五帯之図」が展示されている。当時としては最先端の地図表現法だったのだろう。

Photo_20200225062401

 秋岡竹次郎のコレクションからは、さきほどの「大輿地球儀」の他に「天竺之図」(寛延2年(1749)が展示されている。
人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

神戸市立博物館名品展 (1)

リニューアルされた博物館
 2018年2月以来、2年弱の長期間にわたってリニューアル工事のため閉館していた神戸市立博物館が、この11月2日からようやく再開した。諸事にまぎれて訪問が遅れたけれど、やっと更新された会場と展示を見学することができた。Photo_20200223062501
 この度は、考古・歴史・古地図・美術の博物館コレクションから151点を、この博物館の基本テーマ「国際文化交流 ─東西文化の接触と変容」にもとづいて展示・紹介するものである、としている。
 博物館の建物の構造と本体そのものは、当然ながら以前のままだが、内装はすっかりきれいに垢抜けしている。トイレなども、すっかりモダンになった。チケット販売窓口は、受付カウンターに統合され、すっきりした。コレクション展示場も、入口の扉をはじめ、そこかしこが新しくモダンに変わっている。
 今回は、時間と私の鑑賞力のキャパシティの問題もあって、コレクション展をじっくり見ることができなかったが、展示内容・展示方法がかなり更新されているようだ。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

「ショパン─200年の肖像」展 兵庫県立美術館 (5)

ショパンとポーランド
 こうしてショパンのわずか39年の生涯を眺めると、ショパンがポーランドで生活したのは20歳になるまでだけであり、成長してからの大部分はフランスで過ごしていたことになる。それにも関わらず、ポーランド人のショパンに対する熱い思いが、今回の展示からもひしひしと伝わってくる。ショパンこそがポーランドの国家をあげての英雄だと言わんばかりの雰囲気である。
 たしかにフランスに長く生活したとはいえ、ショパン自身もポーランドに対する並々ならぬ思い入れがあったようだ。長いフランス滞在にも関わらず、彼の父と異なり、終生フランス語は稚拙であったと伝えられている。
 ポーランドでは、さらにポーランド以外の国においてさえ、ショパンは卓越した天才的音楽家として崇敬の対象となっていて、そのため高貴、上品、繊細というイメージが先行して、彼の実像がわかりにくくなってしまっているという。たとえば彼の手紙には、かなり粗暴、卑猥、尾籠な内容が残されているにも関わらず、伝記作品などでは意図的にそういう側面を抹殺している事実が指摘されている。Photo_20200221065301
 この展覧会でも、世界中のショパンを愛する芸術家・画家が描いたショパンの肖像が多数展示されている。この度の展示の順序が、現代に近い時期に描かれた肖像画作品がはじめに登場したため、眺める私たちは、200年も昔の、写真もない時代の音楽家の肖像画を、いったいどうやって描くのだろうと訝った。しかし展示の中ほどから、ショパンを実際に見た同時代の画家による肖像画がおびただしく登場して、こういう次第ならたしかに後世の画家たちも肖像画を描けるだろうと納得した。こんなに多数の肖像画を描かれた音楽家も、あまりいないのではないだろうか。それだけショパンが、世界中の多くの人々から愛されていることを、あらためて認識する。
 現代においては、5年に1回のみ開催される「ショパン国際ピアノコンクール」が、ひとつの圧倒的なピアノ演奏家のための登竜門となっていて、世界中の最高レベルの演奏家が競い合っている。コンクールに参加するためには、何層にも重なる厳しい予選をすべて勝ち抜くことが必要であり、そのための練習にピアノ演奏家にとって数年間をただひとりの作曲家の作品群のみに捧げることはリスクをともなうにも関わらず、「ショパン国際ピアノコンクール」は世界最高レベルのコンクールであり続けている。
 私は、バックグラウンド・ミュージックとして、クラシック音楽をごくごくちいさな音量で一日中聞くともなしに聞いている、まったく横着で不埒な音楽ファンに過ぎないが、こうしてショパンにまつわる肖像画や彫刻、ゆかりの地の風景画、ショパン自筆の手紙や楽譜を眺めて、あわせて彼の波瀾万丈の生涯を振り返ると、私なりにショパンの音楽に対する感じ方が少し違ってきそうに思った。
 予想以上に長時間を要した鑑賞であったが、私なりに充実したものであった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

「ショパン─200年の肖像」展 兵庫県立美術館 (4)

ジョルジュ・サンドとの生活
 失恋に落ち込んでいたとき、ショパンは友人であり仲間だった作曲家リストの愛人だったマリー・ダグー伯爵夫人のホームパーティーの場で、ジョルジュ・サンドとして知られるフランスの文筆家・男女同権運動家のアマンディーヌ=オーロール=リュシール・デュパンと出会った。彼女はすでに年長の恋多き才女でかつ男爵夫人として知られていて、ショパンは当初、サンドに嫌悪感を抱いていたという。しかし二人の才能はやがて惹かれ合い、ショパン28歳のころには、二人の関係は公然の秘密となっていた。ショパンとサンドは、サンドの2人の子供をともなって、夏季には気候の良いマヨルカ島に滞在した。しかし冬になって陰湿な気候となり、ピアノが通関手続き上の問題で搬入出来ないなどのトラブルがつづき、ショパンの病状も悪化した。それでもようやく届いたピアノと、才気あふれるサンドからのインスピレーションを得て、マヨルカ滞在中に多くの作品を作曲した。38
 ジョルジュ・サンドは文筆家であるが、絵の才能もあるらしく、ショパンを描いたスケッチが展示されている。技巧的でもなく、ショパンを美化するでもなく、その内面・心理をストレートに顕わそうとする、それでもあわせて愛情を感じるような独特の絵である。
 冬のマヨルカ島の気候はショパンの結核を悪化させたので、サンドの子供たちを含むショパンたち4人は、島を去り、バルセロナ、マルセイユを経て、パリに移り、夏はノアンのサンドの別荘に過ごした。サンドとの生活は、10年ほど続き、サンドと別離したあとのショパンは、病状も進行し晩年を迎えていた。フレデリク・ショパンは、1849年10月、39歳にしてパリに客死した。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

「ショパン─200年の肖像」展 兵庫県立美術館 (3)

パリでのショパン
 パリでショパンは芸術家や他分野の著名人と出会い、名士として認められ、ヨーロッパ中から集まる多くの弟子にピアノを教えることで、相当の収入を得ることができた。彼はベルリオーズ、リスト、ベッリーニ、ヒラー、メンデルスゾーン、ハイネ、ドラクロワ、チャルトリスキ公、ヴィニー、アルカンらと交友関係を築いた。ショパンは熱烈なポーランド愛国主義者ではあったが、フランスではフランス式の名前を名乗った。ショパンに対してフランスの旅券が1835年8月1日発行され、これを境にショパンはフランスの市民となった。Photo_20200215072201
 フランスに移ってからのショパンは、公開演奏会ではなく、貴族やエリートたちが集うサロンでの演奏をおもに行った。すでに結核を患って健康状態が芳しくなかったこともあり、教えることと作曲で十分な収入を得ることができたので、めったに公の舞台に出ることはなかった。伝記研究者によれば、このように内向的な音楽活動にも関わらず高い名声を得たのは、ショパン以外には世界的にも歴史的にもほとんど例がないという。
 25歳の時、5年前から顔見知りだったヴォジンスキ伯爵の娘マリアに再会した。マリアはその時16歳になっていて、その知的で芸術の才にも優れた魅力的な様子に、彼は恋に落ちた。翌年の9月にショパンは彼女にプロポーズし、彼女は求婚を受け入れ、その母のヴォジンスカ夫人も一応認めたものの、結局ヴォジンスキ家がショパンの健康状態への懸念から破棄した。傷心のなかショパンは、マリアに対する想いから「別れのワルツ」として知られる『ワルツ 変イ長調』を作曲した。パリに戻ったショパンはすぐに作品25の『練習曲集』の第2曲ヘ短調を作曲し、これを「マリアの魂の肖像」とした。さらに、彼はマリアに7つの歌曲をつくって贈った。それらはポーランドロマン派の詩人たち、ステファン・ヴィトフィツキ、ヨゼフ・ザレスキ、アダム・ミツキェヴィチの詩に曲をつけたものであった。

人気ブログランキングへお気に召せばクリックください

より以前の記事一覧